スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界で一番簡単な楽器

いや、私はそうは思ってませんよ。でもウワサはあります。

どんな人でも一発で音がでるとか、ギネスブックにさえ「簡単な楽器」と載っているとか、電車の窓からネックを外に出しておくだけで音が出るとか、そんなウワサはたまに聞きます。

サックス!
Canon EOS Kiss Digital / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM

それはサックス。GDはSAX(むずかしすぎの寒いギャグ)。

リコーダーの方が簡単!?あれはむずかしいですよ。音程が全然合いません。発音するところが組み込まれてますから、自分の思ったとおりの音程がでない。ハーモニカのほうが簡単!?なんで吸うときにも音が出るんじゃ!鉄筋木琴のほうが簡単!?よくみてくださいよ、たとえばハチャトゥリアンの剣の舞。らたたたたたたたたたたたたたとぅりゃったたとぅりゃったたとゅりゃったたとぅりゃたたらたるたれたろたるーっちゃらりー。無理。

オケではほっとんどでてきませんサックス。なぜか。新しいからです。有名な曲ができた当時はまだなかったんです。逆に言うと新しいのでかなり完成されている(らしい)。指使いも簡単なように作った(らしい)。誰でも吹けるようにつくった(らしい)。

吹奏楽ではフルート、トランペットと1,2を争う人気ですからね、これを吹いていた方もたくさんいるでしょう。しかし!そんなあなた、オーボエは世界一難しい楽器だということをお忘れなく。何がいいたいかというと、作曲者!オーボエとサックスでユニゾンで速い指使いとか同じ動きをさせないでください。私が下手だとおもわれちゃいます。
ゆっくりなら付き合います。
スポンサーサイト
  1. 2005/01/06(木) 19:53:07|
  2. EOS Kiss Digital|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

爽鮮に寄り(◎o◎)

線が細いなぁ
Canon EOS Kiss Digital / SIGMA 15mm F2.8 EX DIAGONAL FISHEYE

この写真をみて広角だとわかる方はいったい何億人いるでしょうか。SIGMAの対角線魚眼レンズです。その筋では有名で、超寄り寄りウヲノメのアレといえば、ああアレね、という感じで通じます。なんとレンズ面から3cmまで寄れるのです。
これで撮ると繊細な感じに写るのです。ぎゅっと詰まったような。色もなんとなく爽やかに鮮やか。これ不思議。
犬ガウガウや猫パンチに警戒しながらペットに寄ればTHE DOGやTHE CATの出来上がり。なんといってもレンズ面から3cmまで寄れますから。例えくっついてもちょっとしぼっときゃーなんとか写ってるだろ!という勢いもあります。

うーん猫に寄りたくなってきた。


  1. 2005/01/06(木) 08:40:55|
  2. Flowers|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。