スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

MC ARAX 35mm Tilt & Shift объектив

tilt01.jpg


これが噂のMADE IN UKURAINEでございます。傾いてますね^^
ミニチュア風も撮れますが、ブツ撮りにもつかえるのではないかと期待しているのです。

tilt02.jpg


わかります?わかりませんよね。わかったらちょっとカメヲタだと自覚したほうがいいかも知れません。
ワンコがかわいいとか、まだナチュラ1枚も撮ってないよとか、これ書きながら横で流れてる上海冷茶の踊りが気になるとかじゃなく、ワンコの顔だけにピントが合ってるんです。
普通のレンズで撮ったら絞り解放にしてピントを浅くしても、ワンコの顔だけじゃなくピント面がおなじところにあるナチュラのファインダーとかにもピントが合ってしまうのです。でもずらせる。ピント面をずらせるのです!
だからなに?なあなた。しかたないもう1枚作例を。

tilt03.jpg


わかります?わかる人にはわかる。
マウスの本体にそってピントがきてます。同じ距離にある携帯とかはさみとかにはピントがない。ピント面をずらせるのです!
だからなに?なあなた。大丈夫それが普通です。
「おおっ!」なあなた。さあこちらへ^^
「ふふっ」なあなた。使いかた教えてください!

純正だとウン十万円なティルトができるレンズ、ぴょんさんとほぼ同時期にウクライナから輸入してしまいました。いやー色物レンズはおもしろい^^
スポンサーサイト
  1. 2005/02/26(土) 14:53:56|
  2. 体験・レビュー|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。