スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

青空にNATURA

20050319natura01.jpg


富士写真フイルムのひとつの答えは高感度です。


で、小難しいことを私の脳みそは書きたがっていましたが、そんなこたーどうでもいい。写真を楽しみましょうということをフジは提案しているのです。最近でたF10もすごいっすね。デジカメで感度ISO800常用みたいな。普通のコンパクトデジカメの5~10倍の感度ですよ。手ぶれ補正いらないかもねぇ・・・
NATURAは明るいレンズ+ISO1600フイルムで「ノンフラッシュ」を全面に押し出しています。見たまま自然に撮れるようにと。で、ひねくれものの私は真っ昼間に太陽を撮るということをしてしまいました。一眼レフの感覚だと「ネガマックロ」ですが、あがってきた写真をみてびっくり。撮れるんだこれが。普通なんだ。

20050319natura02.jpg


おかしな逆光耐性試験は1枚だけしかやりませんでした^^;
カメラを持つと撮りたくなる青空。広角が便利です。おっと思った風景と雲が簡単に入る。空写真って人気ですよ、特に女性に。青空大好きでロマンチック^^
普通のコンパクトカメラの画角35mm~40mmだと雲がきれいだから写真とりましょうと思っても全部が入らないこともあります。建物なら後ろに下がれば入るかもしれないけど、雲はこれ以上後ろに下がれません。スーパーサイヤ人になって地面にすり鉢上の穴をあければ下がれますが、サイヤ人の血を引いている人は少ないでしょうし、穴を元に戻すのが大変です。
24mm。空撮りにはかなりよい画角です。

20050319natura03.jpg


夜でもきれいに撮れるNATURAさんは昼間にも強かった。
ところで、natura blogというのができました。
natura web monitor特別追加募集しています。体験してみたい方はぜひ~!
そして買ってください^^
スポンサーサイト
  1. 2005/03/19(土) 12:02:18|
  2. Natura|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。